文香のコラム

2021/09/09

書で気分転換してみませんか?

1A660B34-8FD0-4D06-90B2-0BCF0A3AC946.jpeg

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロイン・百音が登米で下宿することになる新田サヤカの家の壁には、「貞山政宗公遺訓」と題された教えが掲げられています。

​貞山(ていざん)政宗公とは、ドラマの地元・宮城県の英雄である伊達氏第17代当主、仙台藩初代藩主の伊達政宗のこと。

 

五常(儒教において重んじられる五つの徳)

「仁義禮智信」

「五常」の教えを具体的に紹介していきましょう。

「仁」は、人を愛し、思いやることをいいます。孔子は「五常」のなかでも最高の徳目としていました。

「義」は、利や欲にとらわれず、世のため人のために行動することをいいます。日本の武将、上杉謙信が「義の武将」と呼ばれていることも有名です。

「礼」は、謙遜し、相手に敬意を払って接することをいいます。「仁」を具体的な行動にしたもので、後に人と関わるうえで守るべきことを意味するようになりました。

「智」は、偏らずに幅広い知識や知恵を得て、道理をわきまえることで、善悪を判断することをいいます。

「信」は、人を欺かず、また人からは信頼してもらえるように常に約束を守り、嘘をつかず、誠実であることをいいます。

この五条の教えをもとに

「貞山政宗公遺訓」

仁に過ぐれば弱くなる

義に過ぐれば固くなる

禮(礼)に過ぐればへつらいとなる

智に過ぐればうそをつく

信に過ぐれば損をする

 

現代語の意味:

人に思いやりや情けをかけすぎると、自分が(相手も)弱くなる。

正しさや道理を貫きすぎると、考え方が固くなる。

他人を敬い尊重しすぎると、媚びへつらいとなる。

賢すぎると、嘘つきになる。

相手を信じすぎると、騙されて損をする。

 

五条訓には続きがあります。

氣長く心穏かにして、萬(よろず)に儉約を用て金銭を備ふべし。

儉約の仕方は不自由を忍ぶにあり。

此の世に客に來たと思へば何の苦もなし。

朝夕の食事うまからずともほめて食ふべし。

元來客の身なれば好嫌は申されまじ。

今日の行をおくり、子孫兄弟によく挨拶をして、娑婆の御暇申すがよし。

 

「もっと気分を楽にして、素直になって、穏やかにし、この世に”お客さん”になって生まれて来たと考えれば、何も苦しいことはない。

人は生まれることで初めて、この世に生きているのであり、死ぬことでこの世とは別れて、再び旅立つのだから・・

この世にお客さんとして生まれて来たことにする

毎日の食事も美味しいと褒めて食べるべきだ。

元来、客として生きている身なのだから、好き嫌いを言ってはいけない。

今日死ぬものだと心得て、家族に日々感謝の言葉や挨拶を伝え、悔いの残らないように生活を楽しむのが良い。

さすが私の一推し人武将の伊達政宗公です。

良い言葉でございます。

今のご時世何かと殺伐として心が落ち着かないですが、そんな時こそ書で気分転換リフレッシュ!

炭の香りが心を癒やしてくれますよ。

 

1