文香のコラム

2020/04/26

弱肉強食

弱肉強食・弱いものが強いもののえじきとなる。自然界の草食動物と肉食動物の関係。 

弱者の犠牲の上に強者が栄えること。

中国の唐の時代に活躍した文人  韓愈の作品の中に 「弱之肉、彊之食」というフレーズがあり  

「弱いものの肉は、強いものの食物である」の意。

唐の都・長安は有名ですね。 

世界三大美人・楊貴妃が存在した時代。   

明眸皓歯と形容される美女は一度お目にかかりたい。

そして日本の書道史上の

能書のうちで最も優れた三筆の           

空海・嵯峨天皇・立花逸勢の3人が遣唐使として

中国の書の流行を持ち帰り、  

独自の書風を開拓していきました。

空海は ご存知の方も多いと思います。  

西安市の東部・南鉄炉廟村の北高台にある青龍寺で入唐八家のうち空海、円行、円仁、恵運、円珍、宗叡の6人が修法を授かった。

とりわけ空海(諡号は弘法大師。俗名は佐伯眞魚。讃岐国<今の香川県>人)

は15歳で中国の経典『論語』、『孝経』などを学んだ。

その後長安を訪れ、大学で明経科を専攻し、

中国の古典文学を学んだ。

仏教にとりわけ興味を抱き、中国密教の中心人物・恵果の弟子となって密宗の真諦を学んだ。

帰国後日本で真言宗を開き、東密の開祖となった。

高野山も有名であります。

 

 

日本書道史上とくに優れた書家であり、   

日本書道の礎を築いた存在です。

 stay homeでお家でお暇なかたは      

Amazon prime Video で先日見た      

空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎

という映画をご覧になって見てください。

唐の都・長安は京都と似ていると言われております。

映画の中で旅した気分を楽しんで下さい。