文香のコラム

2020/05/22

書の歴史

35EDF5AF-030C-4228-8BB1-21494FE1138F.jpeg

 

 

書道では 

お手本を見ながら書くスタイルが一般的です。

マンガ「書の歴史」

そのお手本となる

王義之、欧陽詢、褚遂良、顔真卿…

超有名な書家達が沢山出てくる本。

書歴が長いと有名な書家の名前や

著書、碑文、手紙などの名称や

書法やスタイルは日常的に触れて知っています。

その中で自分の好きな書家やスタイルも出てくるもの。

好き嫌いだけでなく

古典の臨書を学ぶことにより

自分の書も奥深いものとなっていきます。

古典臨書の中でも超有名なトップスターが登場する

こちらの本は 中々楽しい本でございます。

やはり芸術が栄えるのは時代が繁栄している時

なのだなぁと実感。

それと大昔は書が上手いということは出世する 

一つの手法なんだというのも面白い。

戦いが上手いか、書が上手いか?

現代では芸術的な要素が高い書道ですが、

書を学ぶのはもちろん

その時代背景や歴史を学ぶのも楽しいものです。

お家時間の多くなるこの時期に是非

「書の歴史」おすすめでございます!