文香のコラム

2020/04/26

弱肉強食

弱肉強食・弱いものが強いもののえじきとなる。自然界の草食動物と肉食動物の関係。 

弱者の犠牲の上に強者が栄えること。

中国の唐の時代に活躍した文人  韓愈の作品の中に 「弱之肉、彊之食」というフレーズがあり  

「弱いものの肉は、強いものの食物である」の意。

唐の都・長安は有名ですね。 

世界三大美人・楊貴妃が存在した時代。   

明眸皓歯と形容される美女は一度お目にかかりたい。

そして日本の書道史上の

能書のうちで最も優れた三筆の           

空海・嵯峨天皇・立花逸勢の3人が遣唐使として

中国の書の流行を持ち帰り、  

独自の書風を開拓していきました。

空海は ご存知の方も多いと思います。  

西安市の東部・南鉄炉廟村の北高台にある青龍寺で入唐八家のうち空海、円行、円仁、恵運、円珍、宗叡の6人が修法を授かった。

とりわけ空海(諡号は弘法大師。俗名は佐伯眞魚。讃岐国<今の香川県>人)

は15歳で中国の経典『論語』、『孝経』などを学んだ。

その後長安を訪れ、大学で明経科を専攻し、

中国の古典文学を学んだ。

仏教にとりわけ興味を抱き、中国密教の中心人物・恵果の弟子となって密宗の真諦を学んだ。

帰国後日本で真言宗を開き、東密の開祖となった。

高野山も有名であります。

 

 

日本書道史上とくに優れた書家であり、   

日本書道の礎を築いた存在です。

 stay homeでお家でお暇なかたは      

Amazon prime Video で先日見た      

空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎

という映画をご覧になって見てください。

唐の都・長安は京都と似ていると言われております。

映画の中で旅した気分を楽しんで下さい。

 

 

 

2020/04/04

悠悠自適

悠々自適・世間の煩わしさから離れ、のんびりと自由気ままに暮らすこと。心静かに ゆったり過ごすこと。

団体行動が苦手な私は、学校とか苦手でした。    皆んなに合わせて 一緒に!ということに違和感。

でも同じ事しないと怒られる、嫌われるってことは理解できたので目立たないようにマイペース。

子供の頃から超マイペースなので、日本では団体行動できないと村八分になることを学び…生きる術を学び習得いたしました。

自由ということは 勝手気ままで楽なように見えてしまうかもしれませんが そうでもないです。

自分で動くということは全て自己責任であり、誰かのせいにはできません。

常に自分で考えて、行動する。

自適とは、のびのびとした気持ちで楽しむこと…       という意味があります。

このご時世で仕事や商売するとなると、がめつくガツガツ生きて稼いだもの勝ち!

弱肉強食、適者生存な経済社会であります。

わかっているけど

この性分では無理な話し。もう今さらこのマイペースも治らんと諦めモード。

悠々自適で生きて行こう。

適という漢字、しんにょう之のつく漢字は結構多くてバランス取りにくくて苦手な人が多いです。

しんにゅうとも呼びますが、

この上に乗る部分を右に離れて書いている方が多いと思います。この部分を少し中央に寄せるだけでバランスが整いますので気をつけてみてください。

 

自粛中でテレビを見るのもお疲れの方、、

是非この機会にお家でゆっくり書道でもいかがでしょうか?

2020/03/26

晴耕雨読

晴耕雨読・何かに束縛されることもなく 晴れた日には田畑を耕し雨の日は家にこもって読書をすることです。俗世間を避けた生活をさすことが多い。

昔々の日本人は農耕民族だったわけで、今の私達はその頃より便利で豊かな生活をしています。

満員電車に揺られ朝から晩まで働き、帰ってきたらグッタリ…そして次の日また同じ繰り返し。

 

何かの本で読んだ一節

南の島の 腕の良い漁師が家族や近所の魚だけ釣って、後は子供と遊んだり、自由気ままにノンビリ暮らしているのを見た都会の営業マンが、

「銀行から借り入れをして、もっとデカい船を購入して船員を雇って、魚を沢山釣って売ればお金儲けができますよ!」と提案しました。

漁師は、

「なるほど…でお金を儲けたら何をするんだ」    と問いかけました。

営業マンは、

「お金を沢山稼いだら、後は悠々自適でのんびりと家族と過ごしたり、自由な生活ができるのです。」

と答えました。すると漁師が答えます。

「じゃあ今の暮らしと何が違うんだい?」

そうですよね…漁師は今のままで幸せなのです。

晴耕雨読は人生のお手本なのかもしれません。

 

資本主義の社会では お金持ちが偉くて お金を稼ぐことばかり優先して 心が疲弊している人をみかけます。

人間は何のために自分の時間を削り

会社に行って、お金を稼いでいるのか?

私は家で書を書くノンビリと集中した時間が大好きであります。

 

2020/03/19

生生流転

生生流転(せいせいるてん)・この世の全てのものは絶えず生まれては成長し続け、変化を続けていく。    万物は永遠に生と死の間をめぐり移り変わっていく。

人は生まれた以上、死ぬまで生きなければいけません。

ずっと同じ安定を望んだとしても、

1年経てば1つ歳を重ねてゆくもの、

偉くても、愚かでも、金持ちでも、貧乏人でも時間は、皆平等に与えられております。

今の生活が不便であっても、それがまた永遠に続くわけでもありません。時は常に動き状況は変わります。

この言葉は、まさに今の世界の状況。

こんな状況でこそ見える本質や本性みたいなものがあると思います。

こんな機会は滅多にない貴重なもの。

心の余裕を、冷静さを、保っていきたいものです。

晴れた日には畑を耕し、雨の日には家で書物を読むなんて生活が、私は大好きです。

皆様はいかがでしょうか?

2020/03/17

一寸光陰

一寸光陰・ほんのわずかの時間のこと。ほんのわずかな時間でも無駄にしてはならないという戒め。

今は全世界が、目に見えないオバケのようなウイルスに怯えている。 

だけど生まれてきたからには絶対に人は死にます。

このウィルスを制圧できたとしても…

これは全世界の人間の共通ルールです。

永遠の命などなく皆平等でございます。

早いか遅いかの僅かな時間。

ただ怯えて 怖がって生きていくのも人生。

どうやって死ぬのか?ということより

どうやって生きるのか?を考えればそんなに右往左往することもないのに…と思います。

いつかやりたい事があるんだ。

年取ってから、時間ができたらやります。

そんな風に全部後回しにせずに、 いま生きている事に感謝し精一杯生きればいいと思います。

生々流転する儚い命をどう生きたいのか?

何を自分はしたいのか?

ゆっくり考える良い機会なのかもしれませんね。

1 2 3 4 5 6 7 8